Adult 大人の矯正

大人の矯正 Orthodontic of adult

矯正治療というと子どもの時にするもの、今さら矯正治療はできないとあきらめていらっしゃる方も多いのはないでしょうか?
矯正歯科治療による歯の移動は、ワイヤーやゴムによる矯正力を歯根膜と呼ばれる歯の根のまわりの線維に作用させることにより可能となります。
むし歯の治療で神経がとってあっても、歯に被せものがしてあっても、健康な骨と歯と歯根膜が存在すれば何歳になっても矯正治療を行うことができるのです。

大人の矯正と子供の矯正の違いは?

まだ発育段階にある子どもの場合、顎の成長を促したり、抑制したりしながら正しい方向に誘導して、歯と顎が理想的な状態になるよう調整しながら矯正治療を進めていきます。
子どもの治療期間が「第Ι期」と「第ΙΙ期」に分かれ、治療期間も比較的長くなってしまうのはそのためです。

一方、大人の場合は、顎の大きさが完成しているため、歯が並びきらずデコボコしている場合や歯列が前に出ている場合などには、歯を抜いて、抜いたスペースを埋めるように並び替えたり、前歯を後ろに下げたりします。

歯を抜かなくても治せる症例ももちろんありますが、いずれにしても、完成した顎をベースに考え、その中で歯を並べていくという治療になります。

大人の矯正のメリットは?

「大人になってからの矯正は難しい」「子どもの矯正に比べて歯を動かすのが大変」などと思われている方も多いと思います。
子どもの時に始める矯正にもメリットがありますが、もちろん大人の矯正にもメリットがあります。
発育が完了しているため治療計画が立てやすく、治療期間も2期に分かれないため子どもに比べると 短期集中的に治療が進む、ということです。

また、大人の場合はどうしても治したいと自分の意思で治療を始める方が多いので、本人が納得し日頃のケアや通院に取り組むので、結果的に治療がスムーズに行われやすいのです。

さらに大人の方の歯科疾患の多くは歯周病が占めていますので、歯並びやかみ合わせをきちんとすることで予防や進行を止めることも期待できます。
当サロンにて行なう歯のホワイトニングです。歯を白くするのに使用する薬剤がホームホワイトニングの約10倍と高濃度の薬剤を使用し、さらにレーザーなどを当て、薬剤お効果を高めるるため、短期間で歯を白くしたい方にお勧めです。ただホワイトコートと違い一度で希望の白さにならない場合がある事と短期間で色の後戻りを起こしやすいというデメリットもあります。

お口全体の健康を一緒に考えましょう

最近では大人になってから矯正治療を始める人も大変増えてきています。
歯並びだけでなく、かみ合わせ、歯周病など気になることやお困りなことがあれば、メールもしくはお電話でお問い合わせください。

症例

矯正歯科一覧