Orthodontic appliance 矯正装置について

矯正装置について Orthodontic appliance

個々の歯を並べる装置

個々の歯の位置関係を治す装置で最もよく使われます。

金属ブラケット
  • 30年位前まではこれしかありませんでした。
    比較的見栄えの悪い装置ですが、最近では金属の特性を活かし、高機能のものもあります。
プラスチックブラケット
  • 見た目の悪さを改善するために、現れた装置。噛み合わせによって磨り減ったり、ワイヤーの力に負けたりします。
セラミックブラケット
  • スロット部分は金属ですが、ブラケット本体は乳白色なので歯の色に近く、審美的には良好です。
    またブラケットを外す際の衝撃が少ないです。

少しでも痛みが少なく治療期間を短くしたい方へ

スマートクリップ
  • この装置は米国3MUnitek社によって開発され、完全なパッシブ・ライゲーション(パッシブ・リガチャー)の機能の備えた装置として完成されています。

    ※パッシブライゲーションとは"アーチワイヤーを装置に押さえつける力がかからない"システムです。
    このため、歯の移動時に装置とアーチワイヤーに摩擦抵抗が最小になり、歯の移動は優しい力でスムーズになり、 痛みも少なくなる利点があります。
デーモンシステム
  • デーモンシステムは、術者が治療のあらゆる段階を通じて最適な弱い力が使えるように設計されています。
    このことは完全なパッシブアプライアンスシステムでのみ可能となります。
    デーモンシステムは完全にコントロールされた健康的な歯の移動を容易にします。
クリッピーブラケット
  • デーモンシステムに比べて必要な時にフリクションが使えるメリットがあります。
    また、デーモンシステムの効果も含んでいるので、より効果的なブラケットシステムといえます。

目立たない矯正

2D矯正(裏側からの装置)
  • 前歯の矯正などに適した、シンプルな部分矯正装置です。
    歯の裏側に装着する形となりますので、目立たず、装置をつけているという感覚もあまりなくてすみます。
    滑舌や痛みなどの心配もほとんどありません。
    かみ合わせや、大きな治療には適しておりませんが、隙間をうめたい、抜歯の必要がない、多少の移動で治療ができる場合などに向いてます。
    もちろん、個人差や症例にもよりますので、まずは一度ご相談下さい。
マウスピース矯正
  • 装置が透明の取り外しの出来る矯正装置です。
    ワイヤーを使用しないため、従来の矯正器具に比べると見た目は付けているのがほとんどわかりません。

    インビザライン・クリアライナーと呼ばれる装置があります。
    インビザラインはCAD/CAMにより型を作成するので最初に型を取るだけで治療を進めることが可能ですが、インビザラインやクリアライナーは、技工士の腕により大きく精度が異なり、型取りを毎回行なう必要があります。

出っ歯(上顎前突)に使用する装置

サービカルヘッドギア
  • 上あごに力をかけることにより上あごの成長を抑制したり、下あごの成長をうながしたりします。 奥歯を動かないようにとめておくのに使うこともあります。
    学校から帰って家にいる時(睡眠時含む)に使用し、使用時間は10時間が目安です。
ハイペルベッドギア
  • サービカルヘッドギヤーとほぼ同じ目的で使いますが、患者さんの骨格のタイプにより使い分けします。

歯が手前に来ないように押さえておく装置

ホールディングアーチ
  • 間の歯を抜いたときに、後方の歯が前にこないようにするために上アゴに入れる装置。
ハイペルベッドギア
  • サービカルヘッドギヤーとほぼ同じ目的で使いますが、患者さんの骨格のタイプにより使い分けします。

奥歯を奥に送る装置

ホールディングアーチ
  • 間の歯を抜いたときに、後方の歯が前にこないようにするために上アゴに入れる装置。
インプラント矯正
  • 矯正用につくられたインプラントを顎の骨に埋め込み、固定源として使用する事により、今までの矯正治療では難しかった歯の動きを可能とし治療期間の短縮や外科手術(顎を切る等)が必要な患者様の治療も可能にする方法です。
診療メニュー