Children 子供の矯正

子供の矯正 Orthodontic of children

小児矯正について

子供の矯正は一次矯正(予防矯正)とも呼ばれ、本格的な不正咬合になることを防止する目的で乳歯列の間に行う矯正治療です。
7才から11才くらいまでの間は歯と顎の発育期にあたり、乳歯と永久歯の交代が頻繁に行われる時期にあたります。
この時期は成長発育を利用し、顎骨のコントロールが比較的容易に行われるので、矯正治療の適齢期といえます。
この時期の治療は、その後の永久歯のかみ合わせ状態を左右してしまうほど重要な治療となります。

子供に負担の少ない矯正治療は?
  • 矯正治療を始める時期は、一概に早ければいいというわけではありません。
    お子様が幼いうちは、矯正器具をつけるのが精神的な負担になることがあるからです。

    けれども、歯が完全に生えそろった後に治療をするよりも、乳歯から永久歯の時期に矯正治療を開始すれば、問題を悪化させずにすむので結果的にお子様への負担が少なくなることは間違いありません。
    大人になって顎の成長が完全に止まってしまうと歯や顎のバランスが悪くなっていて、抜歯をしないといけないケースが出てきます。治療に必要な期間も長くなってしまいます。

    乳歯から永久歯に生えかわる時期は顎の成長がとても進むので、歯が正しい位置に生えるよう誘導してあげることが大事です。
    この成長をコントロールすることで、大人になってからの矯正治療だと2~4本の永久歯の抜歯が必要な場合でも、非抜歯にて治療が可能になる確率が高くなります。
いつから矯正治療を始めたらいいの?
  • その時の症状や原因によって治療開始時期は変わってきます。
    子どもは成長が早いため歯並びが悪いままにしておくと、どんどん悪化してしまいます。
    お子様の歯並びが気になるようであれば、お早めの相談をお勧めします。
    不正咬合が遺伝によるものなのかその他の原因(癖など)によって生じたものなのかを診断し、治療を開始する最適なタイミングを決定します。
両親の役割は?
  • 子どもには、自分から「歯並びやかみ合わせがおかしい」と感じて「治したい」と思う意思がありません。
    自ら矯正治療の必要性を感じることは難しいことだと思われます。
    ですから、ご両親がきちんと早期治療の大切さを認識しておくことが重要になります。
    お子様の将来を考え、矯正治療を始めるきっかけを与えてあげるのはご両親の役割です。

小児矯正のメリット

大人でも矯正治療が出来るという時代になりましたが、それでも子どものうちから治療を行うメリットはいまだ大きなものがあり、するとしないでは最終的な歯並びの良し悪しにも大きく影響します。

永久歯の治療をする必要がなくなるか、簡単な医療で済む可能性が高くなる
  • 成長期に矯正を行うことにより、仕上げの矯正治療(第2期治療)が不要になることも少なくありません。

    また、仕上げの治療が必要になったとしても、成長期に歯並びを修正することにより、成人になってから矯正を始めた場合と比較して、仕上げの矯正治療(2期治療)の治療期間が短く、簡単になります。
永久歯の治療で歯を抜かないで治療できる可能性がたかくなる
  • 顎を広げたり顎の成長を促す事により、抜歯の可能性を減らせる事ができます。
    成長後矯正治療をした場合2〜4本の永久歯抜歯が必要な場合でも、小児期から矯正治療を行う事により非抜歯にて治療が可能になる確率が高くなります。
最終的な歯並びを奇麗にすることができる
  • 歯の大きさが極端に大きく、いずれ抜歯が必要となるケースであっても、矯正治療の仕上がりが変わってきます。
    顎の成長をバランスよく保つ事により、矯正がより良く仕上がります。
費用が安く済む場合がある
  • 子どもの頃からの早期検診、早期治療で、将来的な費用が安く済む場合があります。
固定式装置を付ける期間を減らすことが出来ます
  • あらかじめ小児矯正時期に歯並びを改善する事により、本格矯正が必要となった時、治療期間を短くすることができます。
歯並びが悪くはえてくる状態を減少させられる
  • 成長に合わせて治療を進められる、乳歯の抜歯タイミングをコントロールするなどにより、悪い方向にはえる原因を減少させ、噛み合わせを良い状態に導きます。
虫歯・歯肉炎の予防になります
  • 歯並びを治すことによって、歯磨きが簡単になります。結果的に虫歯や歯肉炎の予防になります。
    当院では、定期的な歯磨き指導とフッ素塗布などの予防管理を行いますので、子どものうちに矯正治療を始めることは、虫歯や歯肉炎の予防に効果的です。
治療することによりは、顎の負担が減少する
  • 早期に歯並びを改善する事により、生え変わり時期の悪い噛み合わせを原因とする極端な歯のすり減り、顎への負担を減少させます。
脳の健全な発達が期待できます
  • 噛むことによって脳の血流が高くなることは、近年の実験で証明されています。 歯並びを整えることでものがより噛みやすくなり、脳の血流が増加することは、結果として脳の健全な発達につながることが期待できます。
コンプレックスの解消
  • 早めに目立つ部分の歯並びを改善してあげる事によって、からかいやいじめの対象となっている状態を改善しコンプレックスを解消する事により、健全な精神発達の環境を整えてあげる事ができます。

成長に合わせた矯正歯科治療

矯正治療は、全ての治療において矯正器具を装着するというわけではありません。
特にお子様が幼いときは、歯の成長に合わせた治療法や予防を選択することが大切になってきます。
矯正治療の開始時期に関しましては、症状やお子様によっても異なりますが、できる限り早めの健診をお勧めします。

3歳 〜 7歳
  • 顎の成長やズレを注意して管理しながら、この時期に床矯正を開始する場合もあります。 まずは、この時期に一度検診を受けましょう。
7歳 〜 12歳
  • 取り外し式の床矯正を行うか、固定式のワイヤー矯正を成長段階に応じて行います。
    最適な治療開始時期を逃すと、身体的にも、時間的にも負担が大きくなってしまいます。
    7歳までに一度は健診を受けたほうがよいですが、手遅れということはありませんので、早めに健診を受けてください。
12歳 〜
  • 中学生になると永久歯が生え揃い、アゴの成長もある程度、完了します。
    12歳以降の矯正治療は12歳以前と比べると、身体的・時間的な負担が大きくなります。
    また中学生というと部活動や勉強で忙しく、通院も大変になるため、できるだけ早めに治療を開始することをお勧めします。

症例

矯正歯科一覧