Colum コラム

Vol.12 神経が無い歯の矯正治療について

『神経が無い歯があっても矯正治療は出来ますか?』という質問を受けることがあります。

矯正で歯を動かす時に大切なのは、歯とその周りの骨の間にある『歯根膜』という組織で、歯の内部の問題である神経の有無とはあまり関係がありません

外傷などの理由で歯の神経を抜くに至った場合には歯根膜が損傷している可能性がありますので精査する必要がありますが、実際には虫歯が大きくなった結果として神経を抜くことがほとんどですので、歯の神経が無いから『矯正治療が不可能』となることはほぼないと言って良いでしょう。

健康な歯茎(歯肉)と歯を支える骨(歯槽骨)が健康な状態であれば、矯正治療が開始できなくなる年齢や成長段階による制限もなく、何歳でも矯正治療は可能ということになります