Colum コラム

Vol.17 顎間ゴム(エラスティクスゴム)

上顎の装置と下顎の装置にまたがってかける輪ゴムを『顎間ゴム』または『エラスティクスゴム』といいます。

ゴムを使用せずに終了できるケースももちろんありますが、主に、ワイヤーとブラケットを使った『マルチブラケット装置』を使用した治療で、歯列矯正をより良好に進行させるために使用します

歯を効率的に動かす補助装置として矯正治療中に、患者様に使用していただくのですが、治療の段階によっては治療結果・治療期間に大きく影響します。

基本的に24時間使用し、食事の時に外しますが、慣れてくると装着したままでも食事が出来るようになります。

ただ、素材はゴムですし、ずっとお口の中で使用するものなので、すぐに劣化します。

劣化したゴムは矯正力を発揮しなくなりますので、ゴムの力が低下しないように、指示のもと食後や就寝時など頻繁に交換していただくことになります。

ゴムについて、使用している患者様からの質問などもこれまでありましたので、またコラムでアップしていきますね