Colum コラム

Vol.19 歯並びの予防は出来ますか?

夏休みに入ってからのここ最近は、2階の亀山歯科クリニックでも学校検診の紙を持って来られる方、お母様と一緒に歯科検診に来られるお子様などたくさんいらっしゃいます。


そして学校検診で歯並びにチェックがついているお子様を連れて来られる保護者の方から『矯正治療』について質問を受けることも多くあります


そんな中、昨日は3歳でまだ歯並びについて何も不正が現れていないお子様のお母様から、『これから歯並びが悪くならないように何か出来ることはありますか?』など、歯並びについて色々な質問を受けました。


とても熱心だなぁと感心しつつ、『歯や顎の異常の原因』についてお話しました。


最近の研究では、悪い歯ならび(不正咬合)の多くは、生まれつき(遺伝)のものというよりも、成長過程で顎や顔の正しい成長が阻害されることにより生じると考えられています。


正しい発育を阻害しているのは何か?を考える事が予防につながるのです