Colum コラム

Vol.25 矯正治療中のブラッシングについて

今日は大切な『歯磨き』について書いていきます


矯正治療は長期間に渡ります。その間、『ブラケット』『バンド』『ワイヤー』が歯にずっと装着された状態です。そのためお口の中が装置で複雑になり、治療前と同じように清掃をしても綺麗に磨けない部分がどうしても出てきます。


でも、それは食事や歯磨きに少し気を配ることで改善出来ます
そして今までよりも歯を大事にしてあげよう!という『気持ち』が大切になります


装置が装着されて初めのうちは慣れるまで大変ですが、自然と意識するようになり、歯磨きの習慣が身に付いてきます


『治療中はブラッシングが大変になるのかな・・・。ちゃんと出来るのかな・・・。』

そんな不安を抱えている方もたくさんいらっしゃると思います。
当院では装置を装着する前から、そのような不安をなくすように丁寧な説明を心がけ、ブラッシングについても上手に出来るまで徹底した指導に力を入れています。


セルフケアのチェックを重ね、綺麗に清掃出来るようになるまで装置を付けないことも多くあります。


治療が始まってからは、清掃状態の確認をクリニックで毎日することは出来ません。日々のお手入れで健康な歯を維持していくのは患者様自身になるのです。