Colum コラム

Vol.9 矯正治療中の食事について

矯正治療中は食べ方にちょっと気をつけなければいけませんので、矯正治療を始められる方にはしっかり説明を行っています。

今日は注意事項について書きたいと思います

ネバネバしたものや硬いもの

♦ガム・キャラメル・グミ・餅など粘着性のあるもの
♦せんべい・トウモロコシ・りんごなどのまるかじり
装置が外れることがあります。
あらかじめ小さくして奥歯で咬むようにしましょう。

繊維のあるものや麺類、お肉料理

♦ほうれん草・キャベツの千切り・えのき
♦そば・ラーメン・スパゲティ
♦ハンバーグ・餃子などひき肉料理
装置に繊維がからんで取れにくくなります。
食後に鏡でチェックしてうがいや歯みがきをしましょう。

色がつきやすいもの

♦カレー・キムチ・コーヒー
装置を止めているゴムやゴムリングに着色することがあります。
気になるようでしたら、治療日前日に食べるといいですね。

装置の装着直後や調節後など痛みがあったり、硬いものが食べにくいとき

♦おかゆ・軟らかく煮たうどん・マカロニグラタン
蒸しパン・豆腐・茶碗蒸し・オムレツ
カステラ・プリン・アイスクリーム・ヨーグルト・ケーキ
桃・バナナ
などデザートは食べられるものがたくさんありますね。

装置が壊れたり、ひっかかって磨き残しが出てしまうなどの心配もなく安心ですが、虫歯には要注意です

食後はしっかり歯ブラシをして、長く共にする矯正装置と、上手にお付き合いしていきましょうねすまいる